パスポートを発行する際の写真にカラコンは大丈夫?

パスポートを発行する際の写真にカラコンは大丈夫?

パスポートの写真の発行は何度でもチャレンジするのは良いですが、提出後の再提出はできません。

もしどうしても変えたい場合、いまあるパスポートを破棄して新しく一から作り直す必要があります。

もちろん、新規のお金がかかります。


基本、カラコンを使用してパスポート用の写真を撮るのはおすすめできません。

しかし、どうしてもの場合はバレないほどのレンズ仕様がよいでしょう。

バレないといえば、

裸眼に近い

大きくない

黒や茶色のディファイン

なら問題ないかと思います。

特にこのサイトでおすすめしてる、バレない大きさ、14.0mmの黒か茶色のカラコンにしましょう!


そして、バレやすいものは、やはりハーフ系レンズなどの ブルーやグリーンなどの瞳の色自体を変えたカラコンになります。

人種違うの!?

ってなっちゃいますからね ☆.。.:*・

証明写真をキレイに撮るポイント

少し工夫するポイントだけで綺麗に撮ることができます!



髪の毛を耳にかける

写真は髪の毛は耳を出したスタイルの方が明るく清潔感のある感じで写ります。

両耳は髪で隠したほうが小顔に見えるかも!思いますが実は顔全体的に暗くなりがちになります。

髪はアップスタイルで首をスッキリ出した方が小顔効果が得られるようです。


メイクで明るい印象を!

メイクを薄くつけることで明るい印象が出ます。

でも、証明写真は色がハッキリと濃く移りますので、メイクのやり過ぎ(濃すぎ)には気をつけましょう。

まったくしないよりも薄い、グロスやチークがおすすめです。


撮影の瞬間まで意識しすぎない

写真を撮るぞ〜と思いすぎて意識しすぎるとかえってぎこちなく写ってしまいます。

方に力が入ったり、顔がこわばったりして、後で後悔します。

撮る瞬間までは目をつぶって、撮る前に目を開けるといい表情が作りやすいそうです。

証明写真やパスポートに合うカラコンは?

バレにくいナチュラル可愛くみせるカラコン!

実際に証明写真やパスポートで使われているカラコンは?

ルミア




アイコフレ




アイメイク ワンデー




などおすすめです!

証明写真やパスポートに合う
学校につけれるカラコン!

バレない!ナチュラルカラコン学校には14.0mmがおすすめ<<<