学校用カラコンやプライベートでのカラコンを装用すると次第にずれてくるのはなぜ?

カラコンを装用すると次第にずれてくるのはなぜ?

ショップで気に入ったカラコンを購入して、さっそく装用しました。
ところが、カラコンが瞳に安定せず、ズレてしまう!
原因はさまざまですが、世間でよく挙げられる原因をご紹介します。



カラコンがズレる傾向は、

★瞳から上にずれる。
★瞳から下にずれる。

が挙げられます。
まず真っ先に考えられるのが BC(ベースカーブ)です。

カラコンが上にズレる原因

【事例1】
まぶたの圧力が通常よりやや強い場合に、レンズがまぶたに接触することで上に引き上げられることが原因。

【事例2】
カラコンを装用する際にレンズが表裏逆になっていることが原因。

【事例3】
アレルギー性結膜炎を引き起こし、まぶたに炎症がでて、レンズが上に引き上げられる原因。

【事例4】
レンズが目に合っていない(相性が悪い)原因

カラコンが下にズレる原因

【事例1】
BC(ベースカーブ)が緩いことでズレる原因。

【事例2】
装用レンズの裏表が逆になっていることが原因。

【事例3】
レンズとの相性が悪い場合の原因。

【事例4】
装用中に涙が多くでてしまうことが原因。

初めてカラコンを装用した場合は涙が多く出やすく、ズレやすくなる事があります。
それは、慣れてくれば解消されていきます。
といった事が考えられます。

BC(ベースカーブ)の相性?

一般的にはBC(ベースカーブ)をきつくすれば(小さく)黒目に張り付く傾向になり、BC(ベースカーブ)を緩くすれば(大きく)、動きが大きくなり下にズレる傾向になります。

BC(ベースカーブ)以外の事も原因があります。

ズレる原因は、BC(ベースカーブ)を挙げましたが、
他にも、原因などあります。

販売されているカラコンのサイズや形状、厚みがそれぞれ違います。
カラコンを購入してみて実際、付けてみないと ズレるかズレないか装用感が良いか悪いか わからないのが現状でもあります。

またご自身の目とメーカーとの相性もあります。
同じサイズでも、
【Aメーカーのレンズ】はズレにくいけど
【Bメーカーのレンズ】は、レンズがずれてしまう。

というふうに、Aメーカーは合うがBメーカーは合わない!
などカーブやサイズ等の数値では測りしれない相性が出る事もあるのです。

そのため、多くの女性の瞳に合う用に販売されているカラコンは、BCを8.6から8.7にしているのが大半です。
最近の販売されているカラコンは、ニーズに合うために年々改良もされています。
そして、販売評価を見てみましても8割から9割ほどは、ご満足頂いている傾向でもあります。



まとめますと、無理のない、ご自身のサイズ(BC)に適応したカラコンをご購入することが第一です。
たのしい、カラコンライフを楽しみましょう。

学校カラコンに最適のナチュラルカラコン!

国内承認だから安心で安全

【Mew contact byフリュー】