カラコンを使用する前の注意!絶対に守ってね!

カラコンを使用する前の注意!絶対に守ってね!

カラコンを初めてつける方へ
または、カラコンをつけている方へのおさらいに ☆.。.:*・



カラコンの使用方法を誤ると目の病気を起こします。
楽しいカラコンを付けるためにも、約束は守ってね!!

★ レンズをつけたまま眠る(仮眠や昼寝も含む)

レンズを付けたまま眠ると目にレンズがくっついてはずしづらくなったり、角膜が酸素不足になって、目の病気の原因になってしまいます。

★ ケア用品でしっかり洗浄せず、そのまま保存する

レンズについた汚れをそのままにしておくと、蓄積・固着し、カビや細菌が繁殖しやすくなり使用できなくなるばかりか、眼の障害を引きおこすこともあります!

★ 洗浄液(保存液)を交換せず、同じ洗浄液を利用する

洗浄保存液の殺菌力は日がたつにつれて低下し、雑菌が増殖しやすくなり、感染症の原因となります!コンタクトレンズを使用しないで保管している間も、1週間に1度は保存液を交換しましょう。

★ 正しい装用期間を守らず使用する

正しい装用期間を過ぎて使い続けると、レンズが劣化したり汚れがたまりやすくなって眼のトラブルの原因になってしまいます。

★ 友達のカラコンをつける

レンズを介して病気に感染したり、合わないレンズで目に障害を起こす事があるので、絶対に貸し借りはしないでください!

★ ケア用品以外で洗う。水で洗う

レンズと水道水の浸透圧の違いでレンズが変形したりアカントアメーバ角膜炎という病気になる可能性があります! ※アメーバ角膜炎とは・・

★ コンタクトレンズをなめる

口の中には雑菌などが多いため、大変危険です!感染症の原因になることがあるので、絶対やめましょう。

★ レンズケースを洗わず使用する

ケースのケアを怠ると、雑菌が繁殖したり、カビが生えたりします。ケースは毎回水道水で洗って自然乾燥させてください。

★ 同じレンズケースを3か月以上使用する

長い間使い続けたレンズケースの内側には、目に見えない細菌が作る膜(バイオフィルム)が形成されることがあり、眼感染症等のトラブルの原因となることがあります。

★ 手を洗わず、不衛生な手で扱う

レンズを扱うときは必ず石けんで手を洗ってください。手が汚れていると、眼のトラブルを起こす原因になってしまいます。

★ 目に違和感があるときも、そのまま使用する

違和感があるのに無理に装用を続けるのは大変危険です!至急眼科医の診察をお受けください。

★ 爪でコンタクトレンズを扱う

爪でレンズを扱うとレンズを傷つけてしまったり、破損の原因となってしまいます。必ず指の腹で扱うようにしましょう。

★ 破れている・歪んでいるレンズを装用する

眼の障害につながることがありますので、異常が認められたレンズは、絶対に使用しないでください!

★ メイクをしてからコンタクトレンズをつける

メイク後にカラコンを付けると、レンズに化粧品が付いてしまい、目に入ってしまいます!メイク前にレンズを付けるようにしましょう。




カラコンによる目の障害の原因で最も多いものが、 「誤った使用方法」や「ケアの手抜き」であることをまず覚えておきましょう。

カラコンは、正しい使用方法とケアをしていれば、特別に危険なものではありません。
コンタクトレンズを安全に装用するために、必ず添付文書や取扱説明書をよく読み、眼科医の指示に従い正しい取扱方法を守ってください。

学校カラコンに最適のカラコンが見つかる!

安全安心の国内承認のカラコン