含水率(低含水率・高含水率)でカラコンを選びましょう

カラコンの含水率の高含水率と低含水率について

カラコンには必ず、詳細のところをみると含水率が提示されています。
含水率38%、52%とか表記されているのを見かけるかと思います。



この含水率を確認してカラコンを選ぶことが結構重要になります。
それは、カラコンの装用中に大きく状態の変化が現れてくるのです。

人によって装用中の目の状態は変わりますが、その特徴を知った上で購入されるのが大事です。

世間ではスマホや電子機器が急激に普及され、毎日何時間も使用するようになりました。
その影響でドライアイ、目の乾燥なども現れてきています。
そしてカラコン特有のゴロゴロ感や潤いなども考えられています。



その用途に合わせて含水率が必要になります。
その名の通り、含水率というのはのは、レンズに含まれる水分量の割合を示したものになります。

世間の基準によれば含水率が50%以上のカラコンは高含水率にあたり、それ以下が低含水量にあたります。
特に1dayの使い捨てカラコンは含水率が高いものが多くなります。

含水率が50%未満の表記は「低含水レンズ」

含水率が50%以上の表記は「高含水レンズ」

カラコンを購入する際には、必ず含水率を確認する必要があります。
それでは、高含水率と低含水率の違いに対しておすすめするタイプは次のようになります。

低含水率を選ぶ方は?

低含水率のメリットについて



低含水率のカラコンはレンズ自体の厚みが薄いものが多いので、長時間の装用でも目が乾燥しにくいものです。
そして瞳の乾燥を抑えたい、目が乾きやすい、ドライアイの方、涙が少ない方は低含水レンズがオススメです。

低含水率のデメリットについて

酸素透過率が低いので、瞳へのフィット感が少ないく、角膜が酸素不足になりやすい。
ただ、瞳の表面が汚れたり、ゴミが入ったり、ゴロゴロと違和感を感じたりします。

高含水率を選ぶ方は?

高含水率のメリットについて



高含水率のカラコンは酸素透過率が高いので、たくさんの酸素が行き渡たり目が十分に呼吸ができるので、角膜に優しいです!
水分が多くて目が潤うので、レンズが目になじみ易く、つけたてはゴロゴロしにくいのが特徴。

目がうるうるしてるし、なめらかに装用しやすくなります。酸素不足で目が充血する方にはお勧めですよ♪

高含水率のデメリットについて

高含水率のレンズは水分を吸収するので、瞳の水分や涙もたくさん吸収してしまうので、長時間つけていると目が乾きやすくなります。
カラコンの取り外しにくい状態になります。

長時間の装用はもちろんドライアイの方には向いていないかもしれません。

含水率の効き目は、限りがあります!カラコン装用時間は絶対守ってね。

カラコンの装用時間が長くなると、含水率がもっともあきらかにでます。



カラコンは、どれも長時間の装用は目の負担を起こしていまいます。

特に、充血、乾燥、角膜の損傷など問題がでやすくなるので注意しましょう。

含水率に頼りすぎるのもよくはありませんので、装用時間は必ず守りましょう!